【日時】
4月21日(日) 13時〜18時 開催
※勉強会のお申し込みは、案内があったAcensionerスタッフにお申し込み下さい。

【参加費】
3000円

【開催場所】
大阪市内(後日告知)

↓前回の様子↓

 

⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘

さて、勉強会のご案内をするにあたり「幸せな経済自由人」「経済自由人」「お金持ち」の3種類の人種についてお話しさせて頂きます。

⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘

 

まず、あなたは「経済自由人」と「お金持ち」の違いが分かりますか?

この2つには、「心の在り方」という点で大きな違いがあります。

私たちAscensionerが定義する「経済自由人」は大きな2つの要素を持っています。

まず1つ目の要素は、自らの才能を活かし、人を豊かにすることによる報酬を受け取っているということ。

つまり、自分のやりたいことを追求することで、自ずと人の役に立ち、その結果お金を得ているということです。

人を幸せにした上で、お金を得ているので、当然仕事に費やすすべての時間が幸せです。

 

次に2つ目の要素は、「お金に支配されていない」ということです。

経済自由人は、自分がやりたいことをやっていれば、支出より収入が上回ることを知っていて、自分の使命を追求すれば、より多くの富が得られることを確信しています。

そのことにより、お金に関する恐怖心もない為、お金により行動や気持ちが制限されず、常に自由で自分本来の力が発揮できる状態にあります。

つまり、人を幸せに導いた結果としてお金を得て、経済により行動や精神状態を左右されない人のことを「経済自由人」と呼ぶことができるのです。

 

それに対して、「お金持ち」とはどんな人のことを指すのでしょうか?

もちろん今お話しした「経済自由人」も「お金持ち」に含まれるのですが、「人からの搾取や恐喝」によって富を得ても「お金持ち」と言えます。

極端に言えば、銀行強盗によって何億というお金を手にした場合でも「お金持ち」です。

 

あなたの身の回りでこんな人はいませんか?

・この保険を売れば、いくら入るという報酬に目がいき、無理やり契約をとる保険の営業マン

・この人が契約したら、いくらの顧問料をもらえるという報酬の為にクロージングを取るコンサルタント

etc…

この結果「お金持ち」になったとしても、その人のことを「経済自由人」と呼ぶことはできません。
なぜなら、「お金に支配されている」からです。

上記のように相手のことを想っての行動ではなく、自分の報酬の為に動いていたり、「お金がなくなることへの恐怖心」を持っていれば、常にお金に不安と執着を抱いた人生となります。

 

「人のことを想っているか」
「お金に支配されていないか」

「経済自由人」と「お金持ち」の違いは、そこにあります。

 

⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘

では、もう一歩踏み込んで「経済自由人」と「幸せな経済自由人」の違いは何でしょうか?

この違いは、「人生そのもの」に現れます。

具体的には、お金以外の部分に違いがあるということです。

「経済自由人」とは、単に経済的な自由を得ている人のことを指します。

仮に病気に悩まされ、苦しんでいたとしても経済的に豊かであれば、「経済自由人」の条件を満たしています。

それに対し「幸せな経済自由人」とは、経済的に豊かで、なおかつ「幸せ」に満たされている状態です。

つまり、心身ともに豊かで、常にゆとりがあり、他人のことを思いやれる状態なのです。

「経済自由人」と「幸せな経済自由人」の違いは「お金だけでなく真に幸せかどうか」という所にあります。

⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘

 

はっきり断言しますが、私たち以上にお金を稼ぎ、所有している人も世の中にはたくさんいます。

つまり、月に何千万、何億と稼ぎ、経済的な側面からは私たちよりも自由度の高い人たちは存在しています。

しかし、私たち以上に「幸せ」と「経済的な自由」を兼ね備えている人は世界中探してもそう多くはないはずです。

今回の勉強会では、幸せであり、かつ、経済的にも豊かさを得る術をお伝えします。

【講師】
Ascensioner創始者:吉川 宗洋
特別ゲストスピーカー:刀禰 毅

【日程】
4月21日 13時〜18時

【定員】
先着200名

【開催場所】
大阪市内(後日告知)

【参加費】
3000円

【勉強会内容】
・幸せな経済自由人とは?
・お金を生み出す18のエンジン
・世界最先端の固定観念再生術の一部伝授
・キネシオロジーの学習
etc…

【参加資格】
・素直に成長する意思があること
・事前予約が完了していること

【お申し込み】
案内があったAcensionerスタッフにお申し込み下さい

【提供】
Ascensioner